水虫ってなに?

水虫ってなに?

水虫とは、足に生えてきた
白癬菌(はくせんきん)というカビの一種です

 

あくまで菌であって、虫ではありません^^;

皮膚には、3種類の層があって、
このうちの一番外側の層が各層になります。

水虫といわれるのは、白癬菌がこの角層に
発症したものを指します。

陰部に白癬菌が発症した場合は、
たむしと言われたりもします。


また、痒みがあっても、
この「白癬菌」がいない場合は、
水虫とは言いません。

白癬菌がいるかどうかをチェックするのは
難しいです。

でも痒くて発酵したようなにおいがある場合は、
水虫の可能性が高いとみていいでしょう。


さらに痒みがない場合でも、
白癬菌がついていて水虫になっている場合も
あります。

水虫(白癬菌)は足の皮膚の角質を侵食して
ひとたび寄生してしまうと、根治するのは
なかなか難しいとされています。


「女性なのに水虫なんて恥ずかしい」
「水虫なんて、おじさんみたい」

と薬を買いに行くのも恥ずかしい…と思って
放置していたり我慢していると、
どんどん悪化してしまいます。


大丈夫です。あなただけではありません。

ある製薬会社が実施した調査によると、
20〜35歳の女性の4割の人が
「水虫に悩んだことがある」と答えています。

4割といえば、5人中2人。

あなたの周りの友人だって、言わないだけで
実は水虫に悩んでいた…なんてことも。

悩んでいるのは、あなただけではないので
安心してください。


水虫に関する正しい知識とケアを身につけて、
かゆみに悩まされることのない清潔な足さきを
取り戻しましょう。