正しい水虫薬の塗り方・使い方知ってますか?

正しい水虫薬の塗り方・使い方知ってますか?

水虫はかゆみが治まったからといって、
水虫薬を塗るのをすぐに止めてしまう人が
多いですが、それは間違いです。

 

正しい水虫薬の塗り方をマスターして、
確実に水虫を撃退しましょう。

水虫薬は風呂上りに塗る

 

水虫薬は、基本的にお風呂上りの
皮膚が柔らかくなった時に塗るのが
薬が浸透しやすく、効果が発揮され易いです。

 

1日に何度も塗布する必要はありません。

 

風呂上りにキレイなタオルで水気を
しっかりふき取ってから塗るように心がけましょう。

 

 

なお、足ふきは水虫の感染源になるので、
あなたが使ったら洗濯カゴに入れて、
他人に伝染させないようにしましょう。

 

 

水虫薬は全体に塗る

 

水虫は、足の指の間に繁殖するわけでは
ありません。

 

角質さえあればどこにでも感染します。

 

ですから、水虫薬は患部はもちろんのこと、
なるべく広範囲に塗るようにしましょう。

 

足の裏から側面までまんべんなく
水虫薬を塗布することをオススメします。

 

 

水虫薬は症状がなくなっても塗り続ける

 

「痒みもなくなったし、
見た目も普通に戻ったからもう大丈夫」

 

と安心してはいけません。

 

なんと白癬菌は、痒みなどの自覚症状が
なくなってから完全に死滅するまで
1〜2か月かかるのです。

 

だから最低でも1〜2か月は塗り続けましょう。

 

また、その後も、再発を予防するために
週1〜2回塗り続けるとよいでしょう。

 

 

 

「早く治したい!」という思いから、
一日に何度も塗りたくなってしまう気持ちも
あるかもしれません。

 

しかし、一般的に水虫の薬は
一日一回塗れば十分です。